夫の浮気を見破る裏ワザ!

すぐに始められる浮気見破り法や、浮気調査事務所など様々な方法があります。 - 誘惑に負けてしまう

浮気チェッカー

浮気調査浮気調査浮気調査浮気調査浮気調査浮気調査浮気調査

誘惑に負けてしまう

男性は、理由があって始めて、浮気をするということに注意しましょう。
原因の大半は「誘惑」に負けてしまったことからスタートします。
女性は、浮気の原因となる男性の心の動きを理解し、兆候にいち早く気づくことが大事なのです。

「誘惑」ほど男心を楽しませるものはない程です。どんなにパートナーが、美人で性格が申し分がない女性でも、誘惑されると心はそっちに向いてしまいます。

1390902547000

男性は、一度心が他に向いてしまうと、行動パターンや態度などに何らかの変化が必ず表れます。
時間が会話、お金など身の回りのこと全般に反映されます。
無意識の内に表れてしまうのです。浮気相手の女性に気に入られたいと、楽しい時間をどうにか作り出そうとするからです。
男性が普段とは違ったような行動をすればするほど、女性は「最近なんか変」と勘づきます。
女のカンが働くのも当然です。女のカンが働いたら、冷静に行動することが大切です。

ちょっとのことで騒いでしまうと、男性の心の動きを見抜けませんし、どう対応すればよいかも分からなくなってしまいます。
騒ぐと、男性は、その後、浮気を巧妙に隠そうとします。なので、焦らず、騒がないように注意しましょう。

浮気の重要な内容を知るには男性の心と行動の変化を追っていくことがポイントになります。
そうすると、これまで見えなかったものが兆候として表れ、すべてを見過ごすことなく対処することができます。

相手に求めること

不倫をされて相手に求めることは何でしょうか。
もちろん、心からの謝罪をして欲しいと思う人もいるでしょう。しかし、現在の制度では、心からの謝罪を強制することはできません。
最終的には、お金で決着してもらうこと、これが現在の法律です。ここは理解しておきたい点になります。

【心からの謝罪は強制できない】

a0002_006975
不倫した相手には、心から謝罪してほしいと思う人も多いでしょう。しかし、求めたとしても、強制はできません。

日本では、憲法で「良心の自由」(内心では、人が何を考え、何を正義とし、何に基づいて行動するか自由ということ)が規定されています。
心からの謝罪を裁判所は強制することができません。
言葉上で謝罪をすることは認められますが、心からの謝罪は認められません。また、本心の謝罪だとは証明することも不可能なのです。

慰謝料を請求するにあたって、相手に心から謝罪してほしいと願うのは難しいでしょう。このケースだと気になる浮気調査に密着に相談する事がオススメします。

【裁判はお金が物を言う】

a0002_001395
裁判では、すべてがお金に換算されます。精神的な苦痛は、お金に換算しないと償うことはできません。
「心の痛みの代償として、全て私の言うことを聞いて!」というような要求をしても無理なのです。
裁判所で提訴しても、却下されてしまいます。
(審査を行った上で退けることを棄却と言いますが、却下とは訴訟要件すら満たしていないとして門前払いされること)

相手の心を操るには、洗脳するくらいしかありません。
もちろん、相手を洗脳させるようなことは裁判でも無理ですし、相手を監禁するようなことも無理です。
どうしても、不倫をされたという事実を消すことはできません。
消えない事実を補償するのが、慰謝料なのです。
「お金が全て」と言うと、悲しいと思われるかもしれませんが、それ以外のことを求めてしまうと、かえって、おかしなことになってしまうのです。
日本は、法によって物事が決めらられる法治国家ですので、最終的には法律に基づき、お金で解決しなければならないこともあるのです。離婚や不倫のケースでは、特にそうなってしまいます。

裁判、慰謝料を考えるにあたっては、お金で解決することだと割り切ることが大切なのです。
参考サイト
浮気調査ならプランニーURL:http://uwakityosapuranni.net/

更新情報