救急医療で働く看護師の離職と解決策

救急医療の現場で働くのは看護師にとっては挑戦的と言えます。
他の診療科に比べても忙しさに追われる現場が多く、勤務環境は良好であるとは言えず、要求される知識レベルも看護レベルも広く深く求められるからです。
だからこそやりがいがあり、命の危険にさらされていた患者が一命を取り留める場面に出くわすことができると喜びも大きいかもしれません。
しかし、逆に急患で運ばれてきて手を尽くしたものの、あえなく亡くなってしまうということも多くあります。
このギャップの大きさが看護師にとっては心理的な負担になりがちとも言えます。
負担が積み重なってきた結果として、力不足を感じて離職してしまう看護師も多いのが現状です。
それでもめげずに働き続けている看護師との違いは前向きな姿勢を保っているかどうかに他なりません。
一人でも多くの患者を助けようという意識を持って、スキルアップを目指していくとやりがいが生まれてくるでしょう。
救急医療の現場では他の現場に比べても看護師の役割は大きく、自分が行った医療行為によって患者の容態が良い方向にも悪い方向にも傾き得ます。
医療に従事しているという自覚を得るには適した職場であり、前向きに自分を磨いて医療に貢献していきたいという気持ちを維持できればやりがいの宝庫とも言えます。
力不足を感じたらスキルアップによって解決するという意識を持つ看護師が求められているのが現状であり、救急医療の水準を高めていく上ではスキルアップは不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です