地域差が大きな問題となる救急医療の現状

救急医療は都市部では充実しているものの、一度都市部から離れると速やかな治療を受けるのは難しい状況になっている場合も多くあります。
現代医療の課題の一つとなっているのが地域差であり、救急を受け付けている病院が少ない地域での医療をいかにして充実させるかについてこれまで試行錯誤が行われてきました。
最も単純な解決策として医療施設を増やす方法も取られましたが、結果として医療の担い手である医師や看護師が不足してしまい、救急を担える状況ではなくなっているのが現状です。
人が集まる都市部では多くの病院が救急医療を行うことができ、その医療レベルも高く救命率も高いと言えます。
しかし、地方になってしまうとたとえ救急を受け付けていても医療レベルがあまり高いとはいえません。
治療が実現できる可能性のあった患者が命を落としてしまうこともないとは言い切れないのです。
この問題を解決するための別の取り組みとして行われているのが、医療に携わる人材の確保です。
地方自治体が積極的に働きかけて医師や看護師を確保するように努力している地域もあります。
特に退職してしまった女性の再就職を促す取り組みは各地で積極的に行われるようになり、子育てを終えて時間ができてきた女性に再度医療に携わってもらえるように支援する制度も整ってきました。
救急医療に携わるためには経験が重要になるため、ブランクがあったとしても以前の仕事の経験がある人材をうまく確保することが重要です。
その目的に適っているのが再就職支援と言えるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です